HOME | お問い合わせ | サイトマップ
株式会社 奥原商会
Okuharaトピックス 自動車用品関連 産業機械関連 設備工事関連 情報通信関連 関連企業リンク 会社案内
   お役立ち情報

[12/10] 第3営業部より
意外と知らない『携帯電話の弱点』

雪の多い季節、除雪する時などにポケットに携帯電話を入れたままにしていないですか?
   気付かないうちに落としてしまって、雪の中に埋もれてしまったと言うのもよく聞きます。また、ポケットの携帯電話と一緒に雪も入ってしまって、知らないうちに水没していたなんてこともよくあります。取り扱いには十分注意してください。
  スキーやスノーボードなどのウインタースポーツをする時にもいつものようにち歩いていないですか?
   転んだ時に携帯電話を潰してしまって、液晶が破損したりケースが破損したりなど、携帯電話が壊れてしまうことがあります。また、いつのまにかポケットから落ちてしまっていたりと言うこともあります。心配な時は携帯電話は持ち出さないことをおすすめします。



[12/1] 第2営業部より
『除雪機』をお持ちのお客様へ・・・

 いよいよ除雪機が大活躍のシーズン目前です。
 でも、ちょっと待って!使用前の点検はしてみましたか?
 どれも簡単な点検なので、ぜひ行ってみてください。

1.バッテリー セル付やハイブリットの機種はバッテリーは必需品です。
セルが回らないようであれば充電もしくは比重を計ってみましょう。
2.エンジンオイル エンジンオイルは使わなくても酸化したり劣化したりします。
使い始める前に交換をお勧めします。
3.キャブレター 保管する時にキャブレター内の燃料を抜いていない場合、
キャブレター内部の細いノズル等が詰まってしまっている可能性があります。
その場合はオーバーホールしなければなりません。
4.グリスアップ シューターの回転部分などに適量をグリスアップしましょう。
5.ワイヤー類 スムーズに動くか、切れかかっていないか点検しましょう。
6.各部の塗装 オーガーやシューターなど塗料が剥れていると雪が付着しやすくなり、
サビなども出てくるので除雪機専用塗料での塗装をお勧めします。
尚、雪固着防止スプレーを使うとより一層除雪作業をスムーズに進みます。



[12/1] 第2営業部より
『草刈機』をお持ちのお客様へ・・・

 夏の間お世話になった刈払機や芝刈機を使用したままにしていませんか?
 長期保管(60日以上)する場合は、必ずキャブレター内の燃料を空の状態にして下さい。
 また、燃料添加剤を入れるなどをしておくとより良い状態に保つ事ができます。

刈払機 1.燃料タンク内を空にする。
2.エンジンを始動させ、キャブレター内部の燃料を空にする。
芝刈機 1.燃料コックを閉める。
2.キャブレター内の燃料を抜く。または燃料添加剤を入れる。
3.機械をきれいに清掃してから保管する。
All Rights Reserved. Copyright(C) 株式会社 奥原商会